お気軽にお問合せください。
お問合せ サイトマップ
トップページ新着情報新築リフォーム耐震補強施工実績企業情報
top
HOME > 住宅の耐震改修 > 木造住宅耐震・バリアフリー改修事業(耐震改修工事への補助)
耐震補強
住宅の耐震診断
住宅の耐震改修
木造住宅耐震・バリアフリー改修事業(耐震改修工事への補助)
耐震改修工事への割増し補助
住宅耐震改修リバース・モーゲージ融資活用事業費補助
耐震改修補助の流れ
基本となる耐震改修の補強方法(木造伝統構法以外)
レスキュールーム

木造住宅耐震・バリアフリー改修事業(耐震改修工事への補助)


対象木造住宅の要件


(1)昭和56年5月31日以前に着工され、完成している。
(2)延べ床面積の1/2以上が住宅として使われている。
(3)階段が2階以下、延べ床面積が300m2以下である。
(4)枠組壁工法、丸太組工法および大臣認定工法(プレハブ工法)でない。

耐震診断の結果、上部構造評点が「0.7未満」と診断された住宅
             ↓
耐震改修後の上部構造評点を「0.7以上」に改修する工事
※市町により異なる場合があります。


制度上の注意点


(1)バリアフリー改修工事については、耐震改修工事と同時に実施された同額までの経費が対象です。
   (バリアフリー改修のみの工事は対象外です。)
(2)設計者。施工者は、滋賀県木造住宅耐震・バリアフリー改修工事講習会修了者の名簿に登録されている必要があります。
(3)工事にかかる前に市町に補助金申請をしたものであること。

■補助金の額

対象となる工事費100万円を超え200万円以下200万円を超え300万円以下300万円超
補助金の額20万円30万円50万円